スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山から宅配で冬瓜苗を購入

我が家の家庭菜園恒例の冬瓜苗が地元で手に入らなくなった。
数十年も購入してきた園芸店はレジに聞くと明日との返事だったが、後日、苗売り場の主任に聞くと冬瓜の取り扱いを止めた、特注も受けないと断られた。
野菜苗を提供する社会的な義務を金儲けだけで放棄される店だったと思うと情けない限りである。

原点に戻り種子から育てるには遅いので、富山から宅急便で購入した。
富山育ちの家内は、1300円もあれば大きな冬瓜が5個程も買えると云っているが、我が家の冬瓜栽培には特別な意味がある。

冬瓜と白菜の野菜づくり
私の家の横は畑になっていて、多くの方が野菜づくりをしています。私も畑を借り、トマト、キュウリなどの夏野菜や、ねぎ、大根などの冬野菜を作っています。特に力を入れているのが、冬瓜と白菜です。

冬瓜は、かもうりとも云います。不二越の社員食堂のメニュ-で馴染みになりました。丹波には丹波瓜がありますので、冬瓜は最近になって、栽培される方も出てきましたが、当時は全く綾部には、馴染みのない野菜でした。

綾部に帰ってきて、タキイから種子を取り寄せ栽培を始めたときは、皆に何を作っているのか尋ねられました。また実をさしあげても、どうして食べるのか説明が必要でした。淡泊な素材なので、料理旅館の会席料理の蓋物というお椀の真ん中に入っている、四角い大根みたいなものです、と言うと理解して貰えました。

冬瓜の発芽した双葉は、南瓜、胡瓜の大きな双葉と比べずいぶん小さいものです。たぶん、瓜類のなかで最も小さいと思います。葉も比較的に小さく、いわば1番小さいものから、1番大きな実を結ぶ瓜が、かもうりです。
 冬瓜というだけに長く保存でき、富山では冬至を越して食べるものでした。

不二越社員食堂では、大根の漬け物を輪切りにして、煮た物が出され、びっくりしました。今はこれも食品として市場に見られるようになりました。大きな鉄砲いかに身を詰めたものを出され初めて食べました。社員食堂の定番料理でした。

白菜は、お盆過ぎにポットに種子を播きます。すぐ発芽するので、双葉の内に4本に間引き、本葉が出てから、さらにポットから出して、根を切らないように土を割り、1本ずつにしてポットに植えなおします。この方が播種したままのものより良く成長します。

畑はスコップで深く掘りますが、時間がないので細かく砕く暇がありません。神宮寺は赤土なので、ゴロ土のままで固まっています。畑の体裁をつくり、植え込みます。近所の方は種子の直播きなので、一日にして立派な白菜畑が出現するのを見て驚かれます。定植して5日もすれば、もう畑の土が見えないくらいに成長します。毎年100個の白菜を作っています。

PTAの役員のときに、この植物を栽培する際に、心をこめて世話をすれば立派に成長する様子は、子育てに通づるところがあるとよく話しました。

冬瓜栽培
冬瓜・青ん坊の苗は@160円、しかし送料、代引き手数料込みで総額1294円
立派な苗が大きな箱で届いた。

冬瓜栽培
早速、準備した冬瓜の畑に移植。

冬瓜栽培
キャップを被せた。隣は南瓜・えびす1本、まくわうり1本
それぞれネットで仕切ってある。かぼちゃの勢いが勝るので仕切らないと負けてしまう。

スポンサーサイト

テーマ : 農業
ジャンル : ブログ

プロフィール

nabecyan3

Author:nabecyan3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。